Amanogawa Ranpo is a user on mstdn.tokyocameraclub.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Amanogawa Ranpo @jazzy7779@mstdn.tokyocameraclub.com

千輪無双コンプリート・マラソン
3つの幸せにの彩色千輪菊の写真を撮影GETせよ

第一段は紀北でした。
第二段階は尾鷲市 おわせみなと祭り
第三段は熊野 
さていかにいかに!!

参加希望の方は いいね、フォロー頂きますと
たまに情報をお流しするかも

コメント、いいね、フォローしてもらえたらメチャ嬉しいで~す。 tokyocameraclub mstdn.tokyocameraclub.com/medi mstdn.tokyocameraclub.com/medi

A calm sea of darkness. A huge chrysanthemum that blew up suddenly from among them

紀北 燈籠祭 暗闇の中から沸き立った、予告するかのような先輪の原型百花園と冠菊超弩級の迫力

Kaniフィルター角型ハーフフィルター REVERSE GND0.6 使用

tokyocameraclub
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

紀北は千輪菊以外にも彩雲孔雀と言う名物花火があります。今年はその彩雲孔雀の原型と変化系が何度かあがりました。
#彩雲孔雀
超弩級の迫力です。

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

千輪無双コンプリートマラソン第一段 紀北でした。
第二段階は尾鷲市 おわせみなと祭り!! さていかにいかに

参加希望の方は コメント、いいね、フォロー頂きますメチャ嬉しいで~す。たまに情報をお流しするかも!!
# mstdn.tokyocameraclub.com/medi

今回の燈籠祭の彩色千輪菊と彩雲孔雀の色が反対色系で現像しにくい。どうしてもアフリカン・カメレオン・カラー現像になってしまいます。三重県紀北町で開催された
日本でここでしか見られない
広大なフィールドに咲く大輪彩色千輪+ 彩雲孔雀 
超弩級の迫力すごかったなー
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

みよ千輪無双 今年も来ました。
昨夜 三重県紀北町で開催された
日本でここでしか見られない
広大なフィールドに咲く大輪彩色千輪+ 彩雲孔雀 
超弩級の迫力すごかったなー
皆様お疲れ様でした。

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

熊野古道  連山の色の重ねや奥熊野 帰路をせかせる夕陽かな FUJIFILM X-A3  フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7 OIS  
#インバウンド
 #儀礼文化撮影研究会

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

獅子岩が吠える千輪無双。巨石群が紀伊半島に沢山ある。それらが象徴とする磐座信仰がゴトビキ岩や花の窟である。ここ熊野の獅子岩の後ろには花の窟がある。 その花窟神社に祭られる伊弉冉尊に毎年8月に大きな大輪のお供え物をしている。それが熊野の大花火である。

#インバウンド
 #儀礼文化撮影研究会
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

おわせ港まつり
⚡️ 「日本一美しい花火の演目の一つ 彩色千輪菊」(作成者: @RanpoAmanogawa)

twitter.com/i/moments/10234782

2019東京カメラ部ヒカリエに持っていかなかった写真を公開

鳥羽の火祭り(とばのひまつり)は、愛知県西尾市にて行われる天下の奇祭 、奇祭中の奇祭である。

BY 火祭りの伝道師 儀礼文化写真 天野川乱歩

祭りの起源は定かではないが、約1200年前から始まったとされる。竹と茅で作った高さ5mの「すずみ」二基に火がつけられ、「福地」と「乾地」のふたつの地区に分かれた神男と、かぶる頭巾の形から「ネコ」と呼ばれる奉仕者が「すずみ」の中に飛び込んで神木と十二縄を競って取り出す。その勝敗により、その年の天候と豊凶や作物の出来具合を占う神事である。2004年2月16日、重要無形民俗文化財 に指定された。ウィキペディアより

#インバウンド
 #儀礼文化撮影研究会


mstdn.tokyocameraclub.com/medi

炎乱舞、観客を魅了 那智の扇祭り、和歌山

十二体の熊野の神々を、御滝の姿を表した高さ6mの十二体の扇神輿に移し、御本社より御滝へ渡御をなし、御滝の参道にて重さ50㎏~60㎏の十二本の大松明でお迎えし、その炎で清める神事が「那智の扇祭り」です。

By 火祭りの伝道師 儀礼文化写真家 天野川乱歩


mstdn.tokyocameraclub.com/medi

いつもは天の川ハンターとして天の天の川銀河を狙っていますが、今日の写真は地上の天の川
紀伊半島で開催される七夕祭り、子どもたちが願い事を書いたLEDカプセルを銚子川に流します。橋の上にいるのが織姫と彦星ですね。

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

儀礼文化撮影は配慮の嵐である。それは撮らせて頂いているからで撮れただけラッキーなのでもある。中でも炎は格段に難しい表現になる。全てを後世に伝え残せれば幸いである。

御燈祭(おとうまつり、御灯祭、お灯祭とも)は、和歌山県新宮市の神倉神社の例祭。勇壮な火祭りとして知られる。 
#火祭り #儀礼文化撮影研究会 

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

宇宙の構造を調べたウィリアム・ハーシェル、恒星の計数観測に基づいて描いた星たちの絵は天の川銀河でした。西洋ではミルキーウェイと呼び肉眼で見るとミルクをこぼしたみたいだから。現在わずか数万円のデジカメでの技術で光子フォトンをとらえ天の川をGETしてみた。星には色があり宇宙には面白い構造が有るんです。赤く光る水素の固まり、青は酸素、黒い筋は鉄などの成分だそうです。

お試しあれ!


mstdn.tokyocameraclub.com/medi