Amanogawa Ranpo is a user on mstdn.tokyocameraclub.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Amanogawa Ranpo @jazzy7779@mstdn.tokyocameraclub.com

新宮節で「山は火の滝、下り竜」と歌われている。 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社の「御燈(おとう)祭り」厳しい寒さのなか、神倉山は燃え盛るたいまつを持った白装束の男衆約2000人の熱気に包まれた。  

://mstdn.tokyocameraclub.com/media/4M8_bGrrgZCB8W78Ksc

鎌倉時代から800年続く、天下泰平・五穀豊穣のお祭りです。    ://mstdn.tokyocameraclub.com/media/rEUErcEb8w0kJgVYow8

鎌倉時代から800年続く、天下泰平・五穀豊穣のお祭りです。仏前奉納の最後の太鼓が鳴り響いた瞬間境内全ての照明が一斉に落ちお堂の回廊を篝火振り回しながら男達と3人の鬼(爺婆孫)がもの凄い勢いで駆け回る。それまでの厳かな空気が一変、狂乱とも言える怒涛の炎が観客を呑み込む   
://mstdn.tokyocameraclub.com/media/XliM1w3r5awYZh7tEZo

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

~天下の奇祭 鳥羽の火祭り~
約1,200年前に始まったとされる『鳥羽の火祭り』

 国重要無形民俗文化財の「鳥羽の火祭り」が10日夜、愛知県西尾市の鳥羽神明社であった。

午後8時過ぎ、「すずみ」と呼ばれる、高さ約5メートルのたいまつ2基に点火すると、炎が一気に燃え上がった。全身に水をかぶった男たちが、燃え盛るすずみに飛び込み、中から神木などを競って取り出した。すずみの燃え具合などから今年の天候や豊凶を占うという。

mstdn.tokyocameraclub.com/medi mstdn.tokyocameraclub.com/medi mstdn.tokyocameraclub.com/medi

お燈祭り ゴトビキ岩の下で
 
基本 超荒くたい喧嘩祭りでもあるこの祭り、
ド頭をカチ割られたりもたまにします。 
一番乗りで来られたお孫さんとお爺様 
仲の良いご家族でこの神事に参加されていたようで、
お互い家族を守り合うその雰囲気を見させて頂、 
感慨無量な気分になぜかなりました。
親から子そして孫へ代々と続く営み 
時空を超えた1シーンでこの祭りの本質を
体感出来た様な気がしました。
二月六日の夕刻、
松明をもち白装束に縄帯のいでたちの男たち、
その数二千余り。ゴトビキ岩の神域と参道をわける
結界に鳥居があり、合図で扉が開けられると、
松明をかざした若者たちが急な石段を
我先にと駆け下る。山上から麓まで、
火の海と化し帯状になることから
「下り龍」といわれている。
       mstdn.tokyocameraclub.com/medi

お燈祭り 神が降臨する神事
写真は大松明火が到着し火が分けられた場面、このあとに一斉に降り龍と化します。 mstdn.tokyocameraclub.com/medi

二月六日の夕刻、松明をもち白装束に縄帯のいでたちの男たち、その数二千余り。ゴトビキ岩の神域と参道をわける結界に鳥居があり、合図で扉が開けられると、松明をかざした若者たちが急な石段を我先にと駆け下る。山上から麓まで、火の海と化し帯状になることから「下り龍」といわれている。#お燈祭り mstdn.tokyocameraclub.com/medi

お燈祭り 神が降臨する神事 
写真は山は「火の海、降り竜」

2019年平成最後の今年は白装束に荒縄を締めた1703人の「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる男子が御神火を移した松明を持ち、神倉山の山頂から538段の急峻な石段を駆け下りました。://mstdn.tokyocameraclub.com/media/J0wjdMA5WfnbwrzLnfU

お燈祭り 神が降臨する神事
写真は大松明火が到着し火が分けられた場面、このあとに一斉に降り龍と化します。mstdn.tokyocameraclub.com/medi

潮岬  「火矢による点火」では、地元高校弓道部員により次々と矢が放たれ、芝に火が付けられています。平地で行われるため、見物客は炎のすぐ近くで見ることができます。 ://mstdn.tokyocameraclub.com/media/lbRckrTNoBOgaFVo9w8

   あっと言う間に広がる炎は、勇壮な太鼓の演奏の中、幻想的な世界へと変わります。3万坪の芝生も、わずか1時間足らずで炎に包まれ、春の新芽の発育に一役買います。 mstdn.tokyocameraclub.com/medi

広大で大きくてどう表現するか迷いましたが、
題して 「 勝部のパノラマ 」

近江守山 勝部の火祭り 「松明祭」
800年の伝統をもつ滋賀県を代表する勇壮な火祭
県の無形民俗文化財に選択されています。

手持ちでのノーダルポイントは難しくプチパノラマになってしまいました。また来年!

://mstdn.tokyocameraclub.com/media/1XuJSFhDt4y6SMwJau4

念仏寺 蛇々堂 鬼走り
仏事の行事でダッタンと言うものが有りますが、それを体験できる日本貴重な祭り 

これは鬼のシーンである。

室町時代から500年以上の間 一度も途切れることなく行われてきた「念佛寺」ー陀々堂の鬼走りー 除災招福の火祭りです。国の重要無形民俗文化財に指定されています。3匹の鬼が松明を持って走り、鬼が体に結び付けている”紙縒”が禍除けになるといわれている。

真っ暗で輝度値大きいので炎が飛んでしまいました。このカメラ以降フジはフォーカス性能は格段と良くなりT3に至っています。あとはもう少し他社と比べてダイナミックレンジを改善してほしい。

FUJIFILM X-A5 
フジノンレンズ XF50mmF2 R WRー 場所: 奈良 Nara, Japan
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

2018「結界の扉が開く時」
和歌山県 新宮市 神倉神社の
お燈まつり(おとうまつり)
白装束に荒縄を締めた約2000人の「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる男子が御神火を移した松明を持ち、神倉山の山頂から538段の急峻な石段を駆け下ります。 https://mstdn.tokyocameraclub.com/media/g-cMINTLERQhpBlf4hE

ブースト、お気に入り大歓迎!jazzy7779さんの投稿作品です。

【jazzy7779さん】
tokyocameraclub.com/mstdn/jazz

【投稿作品】
tokyocameraclub.com/mstdn/jazz

【登録はこちら:東京カメラ部インスタンス】
mstdn.tokyocameraclub.com/

【東京カメラ部アカウント】
mstdn.tokyocameraclub.com/@tok

東京カメラ部インスタンスに登録いただき、ご自身のアカウントの投稿にハッシュタグ「」を付けていただいた投稿が対象となります。ぜひ、気軽にご参加ください。