Amanogawa Ranpo is a user on mstdn.tokyocameraclub.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Amanogawa Ranpo @jazzy7779@mstdn.tokyocameraclub.com

星孫降臨の地熊野灘の天の川
天の川の濃度上げて撮り直してきました。年々と光害もひどくなります。
#天の川#新星景#新星景写真 #星#fujifilmxa1
#フジノンレンズ#東京カメラ部
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

2018年今話題の新種?熊野桜と天の川銀河
さて今年は

Camera : FUJIFILM X-A3
Lens : FUJINON GF100-200mm F5.6 R LM OIS WR
ヴェルヴィア仕立

mstdn.tokyocameraclub.com/medi mstdn.tokyocameraclub.com/medi

天の川銀河 今年は見ているだけであまり撮る気がしない!変な位置に木星が位置している。邪魔しないでよ土星さん!!あWWWW笑。冗談はさておき来年はバルジ左下に火星、土星、木製と冥王星が並ぶ。今度の新月どこで撮ろうか?
撮影日時  :2018/4月
撮影地   :熊野古道
光学系   :フジノンレンズ XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
架台/ガイド:ナータッチ スカイメモS
カメラ   :フジフィルムx-A1トリプル
フィルター:なし 
ソフトウエア:ステライメージ7、Camera Raw、PhotoshopCC2019、Camera Raw、

露光データ
固定:ISO1600 180s 6枚
追尾:ISO1600 F4 360s 10枚



mstdn.tokyocameraclub.com/medi

満行前夜・尻つけ松明, 東大寺二月堂修二会 3/14は平成最後の『お松明』十本の松明が並びぶと、舞台の上で大きな掛け声が・・・十本の松明がいっせいに振られ、火の粉が一面に舞う!それは素晴らしい眺めでした。    mstdn.tokyocameraclub.com/medi

『満行前夜・尻つけ松明』 東大寺二月堂修二会 3/14は平成最後の『お松明』が行われた。10本の松明が一度に上がります。上堂が始まり 一つ目の松明が右まで行くと次の松明がやってきます。
前の童子のお尻に次のお松明の火が着きそうなことから、この日のお松明を『尻つけ松明』と呼ぶ。
      
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

『満行前夜・尻つけ松明』 東大寺二月堂修二会
3/14は平成最後の『お松明』が行われた。10本の松明が一度に上がります。その1本目の松明の写真です。1本目のお松明は若い小柄なイケメンな童子さんでした。        mstdn.tokyocameraclub.com/medi

今日だけはチャラい写真のUPはやめようと思っていました。
また、二月堂に参籠いたしています。

写真は[祈りの炎]
お水取りのお松明と泰然自若な童子の姿

鎮護国家、天下泰安、風雨順時、五穀豊穣、万民快楽など、人々の幸福を願うお水取り

東大寺二月堂 修二会 正式名称、十一面悔過法(じゅういちめんけかほう)は西暦752年から一回も途切れることなく続いています。関西の春の訪れを感じる行事です。

今日3/11はあの震災から8年
東日本大震災慰霊法要」厳修(3/11)
震災発生時刻、午後2時46分には鐘楼の大鐘が撞かれました。
殿内では午後2時半から 式衆により理趣経での法要を厳修し、震災により犠牲になられた方々を追悼慰霊し、被災地復興を祈願いたしました。
また殿内にて廻向合掌の祈りがささげられました。

全ての被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。 mstdn.tokyocameraclub.com/medi

お水取りとして知られている東大寺の修二会は正式名称、十一面悔過法と言う。練行衆と呼ばれる11人の僧侶と堂童子、小綱兼木守、駆士、童子、仲間(ちゅうげん)などの人々が支え行事を進行させてゆく。これは童子と言うわれるお松明を扱う使者である。
インスタにもUPしました。良かったらみてね!       

Twitterに今回の私なりの修行の写真を上げました。良かったらみてね! mstdn.tokyocameraclub.com/medi

お水取りとして知られている東大寺の修二会は正式名称、十一面悔過法と言う。練行衆と呼ばれる11人の僧侶と堂童子、小綱兼木守、駆士、童子、仲間(ちゅうげん)などの人々が支え行事を進行させてゆく。これは童子と言うわれるお松明を扱う使者である。
インスタにもUPしました。良かったらみてね!       

Twitterに今回の私なりの修行の写真を上げました。良かったらみてね!

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

正式名称は「十一面観音悔過」といいます。
旧暦二月に厳修する「法会」のこと第1268回一度も途絶えた事のない東大寺二月堂のお水取り、お松明 が上堂の瞬間です。炎の中に練行衆を支える堂童子の影があり         

mstdn.tokyocameraclub.com/medi

第1268回一度も途絶えた事のない東大寺二月堂のお水取り、お松明 その火の粉を浴びる事が至福 古都・奈良に春の訪れを告げる東大寺の伝統行事        
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

第1268回一度も途絶えた事のない東大寺二月堂のお水取り、お松明 その火の粉を浴びる事が至福 古都・奈良に春の訪れを告げる東大寺の伝統行事        
mstdn.tokyocameraclub.com/medi mstdn.tokyocameraclub.com/medi

第1268回一度も途絶えた事のない東大寺二月堂のお水取り、お松明 その火の粉を浴びる事が至福 古都・奈良に春の訪れを告げる東大寺の伝統行事        
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

新宮節で「山は火の滝、下り竜」と歌われている。 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社の「御燈(おとう)祭り」厳しい寒さのなか、神倉山は燃え盛るたいまつを持った白装束の男衆約2000人の熱気に包まれた。  

://mstdn.tokyocameraclub.com/media/4M8_bGrrgZCB8W78Ksc

鎌倉時代から800年続く、天下泰平・五穀豊穣のお祭りです。    ://mstdn.tokyocameraclub.com/media/rEUErcEb8w0kJgVYow8

鎌倉時代から800年続く、天下泰平・五穀豊穣のお祭りです。仏前奉納の最後の太鼓が鳴り響いた瞬間境内全ての照明が一斉に落ちお堂の回廊を篝火振り回しながら男達と3人の鬼(爺婆孫)がもの凄い勢いで駆け回る。それまでの厳かな空気が一変、狂乱とも言える怒涛の炎が観客を呑み込む   
://mstdn.tokyocameraclub.com/media/XliM1w3r5awYZh7tEZo

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi

鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!    は修二会の結願法要。桜井市の古刹『長谷寺』国宝のお堂の周りを巨大な大松明を従えた鬼たちが火の粉を飛ばしながら暴れ回り、熱さに思わず後ずさるほどの大迫力
mstdn.tokyocameraclub.com/medi