Hatayuka is a user on mstdn.tokyocameraclub.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Hatayuka @Hatayuka@mstdn.tokyocameraclub.com

「季節を計る」

いきものたちは
移り変わる季節を
どうやって知るんだろう

銀世界を背景に
恋の季節は始まります ^^









「夕影」

夕影という言葉
2通りの意味がある

①夕日の光
②夕日に映える物の姿

光輝く太陽
影際立つ列車

あなたなら
どちらを主演にする?
( ・ᴗ・ )

Location:島根県








Hatayuka boosted

ブースト、お気に入り大歓迎!Hatayukaさんの投稿作品です。

【Hatayukaさん】
tokyocameraclub.com/mstdn/Hata

【投稿作品】
tokyocameraclub.com/mstdn/Hata

【登録はこちら:東京カメラ部インスタンス】
mstdn.tokyocameraclub.com/

【東京カメラ部】
mstdn.tokyocameraclub.com/@tok

東京カメラ部インスタンスに登録いただき、ハッシュタグ「」を付けていただいた投稿が対象となります。ぜひ、気軽にご参加ください。

「大親分」

伯耆富士(大山)は
伯耆富士なのだなと

本家富士山の
圧倒的存在感と美しさを前に
鳥取県民3名が平伏した瞬間であった

パイセンが
色々な所に連れ回してくれた
嬉しく楽しく美味しい旅

眠るのが惜しい
でも眠い、でも惜しい
そんな贅沢な時間に
後半みんな老け顔になってたな 笑

パイセン
素晴らしい時間を
ありがとうございました⸜(๑'ᵕ'๑)⸝

Special Thanks: Chikako Yagi











「翁柿」

鬱蒼とした杉林を背に
浮かび上がるその姿は能面の翁

千と千尋の神隠しに登場する
オクサレサマこと河の神さまのよう

Special Thanks: Chikako Yagi





「刈田の鱗」

空の色を映しとる
ちいさなちいさな水溜まり

マネゴトではなく
琴線に触れたものを
自分らしく表現していきたいな ^^







「朝暉」

ご乗車中の皆さま
進行方向右手をご覧ください
ダイヤモンド大山でございます ^^







「銀杏吹雪」

いっせ~の~、せ!

タイミングを計ったかのように
一斉に舞い上がる様子は
華やかで楽しそうに見える ^^






「秋の蛇」

ヘッドマークに
ヤマタノオロチと
7つの星を散りばめて
トロッコ列車がやってきた

紅葉はピークではないものの
秋の風景を楽しもうと
訪れた観光客で
奥出雲おろち号は満員御礼

木次線沿線は
非常に賑わっていて
秋のお祭りみたいだった

その地域の自慢の資源を
いつまでも守っていくためにも
訪れた先で何かしら貢献したいものだ

新そば食べにまた行かねば
( ・ᴗ・ )

Location:島根県 奥出雲町




Tokyocrayocameraclub





「原風景」

背後に名峰大山をたずさえて
冬は一面の銀世界
春は水鏡に空を映し
夏は緑の大海原
秋は黄金の絨毯を敷き詰める

日本の原風景がここにある^^








#nikonz7

「おもてなしの花畑」

一面黄色の絨毯は
地元の皆さんのおもてなし

おかえりなさい
いってらっしゃい

山陰にまたきてごしないよ ^^















「大山の大献灯」

ひとつひとつの和傘の中に
職人が表現したのは山陰の風景
170本もの傘の花が夜の大山を彩る

Location:鳥取県 大山寺










「緑」

この色から
なにを連想するだろう

草木
葉っぱ
野菜

宝石
お抹茶
彩雲堂の若草

メロンソーダ
ミドレンジャー
緑のたぬき

実は元々色の名前ではなく
瑞々しさを表す言葉なのだそう

新緑から万緑へ
景色に溶け込む瑞風の緑
なんか納得したかも ^^

Location:山陰本線













「青海波」

夏の砂丘
青空
凪の午前中

馬の背とよばれる
砂丘の1番高いところまで
踏み応えのない急斜面をかけあがる

すると眼下には
こんな光景が広がっているのだと
憧れの写真家さんが教えてくれた

よく知っている場所の
はじめましての光景は
どうしてこんなに
ドキドキするんだろう ^^








「個」

満場一致の一員に
決してなる必要はない

己の道を行くことを
恐れない人でありたい