Hatayuka is a user on mstdn.tokyocameraclub.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Hatayuka @Hatayuka@mstdn.tokyocameraclub.com

「白銀世界」

多すぎる雪は困るけど
雪の中を走る単線に
すっかり魅了されてしまった ^^










「砂嵐の中で」

背中を預けられるほどの
とてつもなく激しい暴風と叩きつける雨

東の空が薄明くなると
空を覆っていた真っ黒な雲は
少しずつ青空へと移り変わっていく

絶え間なく吹き荒ぶ風は
濡れた砂を一気に渇かし巻き上げる

「虹がでるぞ」

半信半疑で待つこと数分
砂丘の左手、右手から
大きな大きな虹が立ち上がった

上空で繋がった瞬間の興奮を
今でもはっきり記憶している ^^









「パイプオルガン」

光芒
天使の梯子
Beam Of Lights

宮沢賢治が表現した
光のパイプオルガンという言葉
これがこころに気持ちよく入ってくる




東京カメラ部


「遠足」

目的地にたどり着くまでも
ワクワクとドキドキがつまってる

旅は大人を子どもに
子どもをちょっとだけ
大人にするのかもしれない ^^





「Jump」

走る
羽ばたく
飛び上がる

体の重たい白鳥の助走
あまりの可愛らしさに
見てて見飽きることがない 笑








「列」

父、母、姉、弟
コハクチョウが4羽います
何通りの並び方があるか答えなさい

苦手 笑








「かぎろひ」

冷え込んだ冬の早朝
太陽が顔を出す1時間前

漆黒、青、紫、赤、橙

東の空はこんなにもドラマチックだ








「ライスセンター前」

この場所に車を停めると
あっという間にこんなこと 笑









「秋に咲く」

寒空の中
開いては散り
散っては開く十月桜

縮こまっているわけにはいかないな ^^








「瑞」

展望室やデッキから
山陰の美しい景色を眺めてみたいな ^^
年末ジャンボ買うか 笑








「薄」

山の端に
消えていく太陽
モノトーンの色合いと
身を竦める空気